試料燃焼装置(前処理)

自動試料燃焼装置 イオンクロマトグラフ用前処理装置 AQF-2100V

  • 揮発性有機物(液体試料)を安全にかつ多量に燃焼することができます。
  • 自動試料燃焼装置AQF-2100Vは液体試料中の硫黄・ハロゲン(ふっ素、塩素、臭素、よう素)測定の前処理に最適です。
  • 主な業態:燃料油関係、化学品の品質管理、環境分析

簡便な燃焼


  • 燃焼プログラムは不要です。液体試料を低速で装置へ導入することで、どなたでも容易にかつ安全に燃焼できます。

1ppm以下の濃度試料を分析可能

  • 重ね燃焼を使って、多量の液体試料を燃焼することが出来ます。

ハロゲンと硫黄の同時測定が可能

省スペース化を実現

容易なメンテナンス

  • 燃焼部の前面に扉を配置した、開閉式電気炉の採用により、反応管の装脱着メンテナンスが容易になりました。



液体用オートサンプルチェンジャー ASC-250L

外部液セレクター ES-211

自動ガスインジェクター GI-220

上部へ戻る



測定対象 液体試料(気体試料はガスインジェクターを使用)
試料量 液体試料:5~100μl ※サンプルによって異なります。
燃焼管 高純度石英製
燃焼炉 電気炉は2分割され、個別温度設定可能。最高1100℃
使用ガス

アルゴン:(純度99.98%以上、0.3±0.1MPa)

酸素:(純度99.7%以上、0.3±0.1MPa)

吸収管容量 パイレックス製、内容量10ml
計 量 ループ計量方式
配 管 フッ素樹脂チューブ、PEEKチューブ
出 力 イオンクロマトグラフデータ処理のスタート信号(接点)
電 源

HF-210:AC 100/115/230/240V、50/60Hz 1000VA

GA-210:AC 100/115/230/240V、50/60Hz 50VA

寸法・質量

HF-210:約320(W)×430(D)×500(H)mm、約25kg

GA-210:約250(W)×430(D)×500((H)mm、約22kg

※ イオンクロマト装置は別途必要です、詳細はご相談ください。
※ 装置制御用にパソコンが必要です、詳細はご相談ください。

上部へ戻る


お問い合わせ

046-278-0052 Webでのお問い合わせ カタログ請求 修理・部品の購入
スマートフォン版サイトへ

ページトップへ

お問い合わせ

よくあるご質問はこちら 046-278-0052 Webでのお問い合わせ カタログ請求

海外でご購入の場合は、代理店までご連絡ください

海外代理店情報