製品を探す
分野で探す 機器の種類で探す

窒素・硫黄・ハロゲン測定装置(元素計)

微量硫黄分析装置 TS-5000V

微量硫黄分析装置 TS-5000V 縦型炉

紫外蛍光検出器と縦型電気炉の採用により、石油・石油化学製品、自動車燃料中の微量硫黄を迅速に、かつ全自動で測定できます。

硫黄:酸化分解・紫外蛍光法 JIS K 2240、K 2541-6、ASTM D5453、D6667、D7183、D7551、ISO 20846
窒素:酸化分解・化学発光法 JIS K 2609、ASTM D4629、D6069、D7184


上部へ戻る


シリンジ内自動希釈システム

検量線試料(原液)と希釈溶媒をそれぞれ適量、バイアル瓶に入れてセットしておくだけで、希釈作業の熟練度に関係なく、シリンジ内にて正確に自動希釈を行います。250μL容量のマイクロシリンジを使用し、最大100倍まで希釈可能。予め検量線用試料を調整する必要がなく、測定に必要な量だけ使用するため、廃液を削減、環境負荷低減と低ランニングコストを実現しています。(ASC-550L使用時)

監査証跡機能

操作した内容がすべて履歴として記録されます。
アドバンストモードにて履歴を閲覧することができます。

ユーザーフレンドリーなPCソフト

ラボ用途から製品の品質管理まで、幅広くご使用頂けるよう新たにシンプルモードとアドバンストモードを用意、目的に応じて選択戴き操作性を更に向上させました。

スケジュール管理機能

「ヒーターON」から「ガス遮断」まで、一連の操作を自動化します。また2つの異なる燃焼温度の条件をスケジュールの中で設定し、昇温、降温も連続で実施、自動化が更に進化致しました。

硫黄・窒素同時測定

定評のある化学発光法の窒素検出器を接続することにより、一回の試料注入で高感度な硫黄と窒素の同時測定が可能です。

ユーザー管理機能

3レベルのログイン権限を設定することができます。ユーザー毎に測定条件の設定や操作を一部制限し、容易に変更や削除ができないよう、運用管理の強化を支援します。

サンプル処理能力の向上

ワイドレンジ

新型検出セルと波形データ処理の開発により短時間での測定が可能となり、サンプル処理能力が飛躍的に向上しました。

1つの測定レンジでの測定範囲を拡大
低濃度:0.02~10 μg/mL
高濃度:1~5000 μg/mL
新開発のワイルドレンジ機能を搭載し、より幅広い濃度範囲の試料に対応できるようになりました。両レンジともに測定できる範囲が広いので、レンジ選択の失敗がありません。


上部へ戻る



液体用オートサンプルチェンジャー ASC-550L

液体試料温度コントローラー STC-500L


モデル 硫黄測定 (標準) 窒素測定 (オプション)
対象試料 液体および気体
分析方法 酸化分解-紫外蛍光法 酸化分解-化学発光法
電気炉 開閉式、2分割方式 (試料注入部と反応部の温度を個別に測定可能)
最高温度 1100℃
測定範囲 0.02~10,000 μg/mL 0.03~10,000 μg/mL
試料量 液体:200 μL以下 ※1   気体:25 mL以下 ※2
測定時間 約3分 / 1件 (測定時間は試料の採取量と測定条件に依存します)
使用ガス アルゴン:純度99.98%以上、0.3±0.1 MPa
酸素:純度99.7%以上、0.3±0.1 MPa
電 源 VF-500:AC 100/115/230/240V、50/60Hz 1000VA
SD-500:AC 100/115/230/240V、50/60Hz 150VA
寸法・質量 VF-500:約500(W)×430(D)×500(H)mm、約35kg
SD-500:約220(W)×375(D)×500(H)mm、約21kg

※1) 液体試料の場合はオプションのASC-550L型が必要になります。
※2) 装置制御用及びデータ処理にパソコンとプリンタが付属します。
※3) パソコン及びプリンターにつきましては、仕様が変更になる場合があります。


上部へ戻る


お問い合わせ

046-278-0052 Webでのお問い合わせ カタログ請求 修理・部品の購入
スマートフォン版サイトへ

ページトップへ

お問い合わせ

よくあるご質問はこちら 046-278-0052 Webでのお問い合わせ カタログ請求

海外でご購入の場合は、代理店までご連絡ください

海外代理店情報